限界突破Wi-Fiの同時接続台数は何台まで?

先に結論から言わせていただくと限界突破Wi-Fiの最大接続数は8台までとなります。

この「同時接続」する状況は自宅でスマートフォンやタブレット、パソコンなど複数台・複数人で使う可能性がでてきますよね。

モバイルWi-Fiの場合、上記のような端末を同時に使うと通信速度が低下して使いずらくなるって言われますよね。

私も「限界突破Wi-Fi」の利用者ですが、自宅でも限界突破Wi-Fiをがっつり使っていて、動画を見ながら、ネットを見たり。ゲームをしながらSNSをしています。結論から申しますと遅さは全く感じません!5、6台同時に接続して、それぞれネット、動画、ゲームするレベルならまったく気にする必要はないと思います。

また、複数台・複数人でモバイルWi-Fiを接続する場合は、容量オーバーや、速度制限の方を気にしないといけませんがなんと限界突破Wi-Fiは容量無制限、速度制限は無しです!

複数人・複数台で接続して使うときも、データ通信量や残量に気をつける必要はまったくないのです!!

なので、複数台(複数人)でシェアしたいなら、「限界突破Wi-Fi」をおススメします。

「限界突破Wi-Fi」の同時接続台数は8台までです。これは8人ではなく、「8つの端末」という意味になります。なので、家族や友人でシェアするのももちろんOK!

一人で接続するのはスマホとPCなど、2台もあれば十分ですよね!!

なので、一人暮らしなら余裕だし、2、3人の家庭でも5台の接続で十分間に合うと思います。

接続台数が増えると、通信速度に影響はあるのか?

モバイルルーターの場合、接続可能台数がどれだけ多くても、通信速度を保ちたいなら5,6台までにしておいたほうがいいと言われています。

WiMAXの同時接続台数は10台、Y!mobileのポケットWiFiは16台ですが、正直なことを言いますと6、7台接続すれば速度低下するのは当たり前です。

それが苦なら光などに移行した方が良いかもしれません。

私が持っている「限界突破Wi-Fi」では、自宅でネットを使うときは、だいたいスマホとPC両方に接続しています。

普段、PCで動画を見ながら、スマホでなにかを調べたり、SNSを見たりしています。このレベルであれば、複数接続での速度低下はほとんど感じないです!!

モバイルルーターを複数人・複数台で使う場合、もっとも注意しなければならないのは「データ通信量」です。

たとえばWiMAXでも、Y!mobileでも3日で10GBという制限があり、2、3人で使う場合、それぞれがデータ通信量や残量を気にしないと、あっという間に速度制限です。もし制限がかかったら、一人でネット使うのでもギリギリになります。

ここで「限界突破Wi-Fi」の真骨頂!データ容量完全無制限が効いてきますね!

極端な話、2、3人で1日10GBずつ使っても速度制限にかかることはないのです!!

モバイルWi-Fiを購入し、複数人・複数台で使う予定ならば絶対に「限界突破Wi-Fi」にしておくべきです!

関連記事

  1. 電波の種類てなに??

  2. モバイルWi-Fiてなーに?

  3. 限界突破WiFiでDAZN観戦できるの??

  4. 限界突破Wi-Fiの補償てどうなってるの?

  5. Wi-Fiの使えない飛行機、オフラインで遊べる無料ゲームアプリ

  6. iPhoneの豆知識 画面表示のダークモードて何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。