限界突破Wi-Fiでのドラクエウォークをすすめる理由

いま全国で人気を博している2つの携帯ゲームがあります。

それはドラクエウォークとポケモンGOの2つのゲームです!!

この二つのゲームの魅力はGPSを使って実際にその場に行きモンスターをゲットしたりクエストをしたりできることですよね。

今回はドラクエウォークの魅力となぜ限界突破Wi-Fiを使った方がいいのかを紹介していきます。

ドラクエウォーク一つ目の魅力は、ゲームを進めるにあたり無課金のプレーヤーでも楽しく遊べることです!!

実際にプレーしてみると、レアアイテムを完璧にコンプリートするようなこだわりがなければ、課金をしないとゲームに行き詰まることはないです。

丁寧に推奨レベルとが表示されているので自分の適した相手なのかすぐに判断も出来ます。

戦闘も手動・自動を自在に切り替えられるのもメリットです。

「ガンガンいこうぜ」などのドラクエならではの「さくせん」も健在です!

装備なども強いこだわりがなかったり何を装備すればいいか分かなくても自動で装備もできます。

戦闘とアイテム収集を自動化したシステム「ウォークモード」という機能も付いています。

今色々と問題になっている、“歩きスマホ”の防止にもなります。

 二つ目の魅力は、1回に歩く距離の長さを短くし、プレーヤーのハードルを低くしていることです。

ドラクエウォークは位置情報ゲームなので、歩くことが必須です。

ゲームのメインコンテンツ「クエスト」では、

プレーヤーが都度目標場所を設定します。距離は最短150メートル程度、

長くても500メートル程度なのでどんどんやりこめるのも魅力です。

「ポケモンGO」を遊んだとき、目的の一つはポケモンのタマゴをふ化させることでしたよね。その時の歩く距離を考えればとても優しいですよね。

 またメインのクエスト以外にも、サブクエストで初代ドラクエのストーリーを追体験できる「ストーリークエスト」なども用意されています。

初代ドラクエをやった人は懐かしいでしょうし、

初代ドラクエを知らないで始めた人は、ドラクエのストーリーを知るきっかけになりますね!!

 三つ目の魅力は、「ポケモンGO」で指摘され続けている“地域格差”の問題が、「ウォーク」では改善されていることです。

これは田舎に住んでいる人が都会に行くと何度も痛感させられたと思いますが、圧倒的にポケストップやモンスターの出る種類が違いますよね。

「ポケモンGO」は地方でプレーすると、

都会に比べてアイテムを取得する「ポケストップ」などが少ない上に、

モンスターの出現率や質も悪く、改善は進めているもののプレーヤーからするとこの問題でもうポケモンGOをやっていないという人は何人もいるのではないでしょうか。

「ウォーク」に関しては、モンスターは

地方であってもしっかり出現しますので田舎でプレーを楽しみたい方にはドラクエウォークをおすすめします。

しかしこの携帯ゲームの問題点は通信量をとても使用してしまうこと。

あまりに熱中しすぎてしまったせいで通信制限が掛かってしまったという方はたくさんいるのではないでしょうか。

通信制限が掛かるだけでゲームの起動も遅くなりますよね。

その時に大活躍するのが限界突破Wi-Fi!!

通信容量無制限なだけでなく最大15時間充電器に挿していなくても起動しているのでドラクエウォークが沢山できますね♪

ドラクエウォークやりまくりましょう😊

関連記事

  1. 限界突破Wi-Fiの事務手数料はどうなっているの?

  2. Android携帯の居場所を検索出来る方法

  3. 携帯の契約時によく聞くMNPてなに?

  4. 限界突破WiFiでDAZN観戦できるの??

  5. iPhoneの無料動画作成アプリとは?

  6. 限界突破Wi-Fi違約金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。