飛行機に携帯電話は持ち込めるのか?

電波を発する携帯電話についてですが、電子機器類に悪影響を及ぼしかねないとして今までは機内での使用が大きく制限されてきました。

しかし2014年9月1日の航空法改正によって、携帯電話をはじめとする電子機器の機内での使用についての条件が緩和されたのは皆さんご存知でしょうか?

国内旅行や出張で、携帯電話を持っていく機会は多いですよね。というか確実に持っていきますよね!

日常身につけているものほど少しでも自分の手元から離れると不安になるものですよね。飛行機に持ち込まないというのも落ち着きませんよね。

ここでは、飛行機で移動するときに携帯電話をどのように扱えばよいのかについて紹介していきたいと思います。

目次

  1. 携帯電話は持ち込み可能か
  2. フライト中の注意点
  3. お子様向けの携帯電話の注意
  4. まとめ

1.携帯電話は持ち込み可能か

可能です。携帯電話を飛行機に持ち込むことは全く問題ありません。

保安検査ではポケットやカバンなどから取り出して、備え付けのトレーに入れておくと、スムーズにチェックを通ることができます。

受託手荷物として預ける場合は、必ず電源を切った状態でしまっておいてください。

2.フライト中の注意点

飛行機のドアが閉まってから着陸後のアナウンスが流れるまでは、あらゆる電子機器は電波を発していない状態にしておかなければなりません。

携帯電話には、電源が入っていても電波を送受信しない「機内モード」があります。携帯会社によっては「セルフモード」「電波OFFモード」「オフラインモード」 「フライトモード」「パーソナルモード」などと呼称がさまざまありますが、これらのモードに設定しておけば、飛行機のなかでも携帯電話を使用することは可能です。詳しくは機内モードの5つの機能をご覧ください

飛行機のドアが閉まるまでにモード変更ができなかった場合、あるいは機内モード機能のない携帯電話では、電源を切っておかなければなりません。

お子さま向け携帯電話は要注意

小さな子供と一緒に飛行機に乗る人で、お子さま向けの携帯電話を持たせている場合は、さらに注意が必要です。

このタイプの携帯電話は、かかってくる電話を待ち受けるため、電源が入っている限り地上局へ電波を発し続けています。そのため、機内モードなどの設定はなく、あらかじめ電源を切っておく必要があります

まとめ

携帯電話は飛行機に持ち込むことができます。保安検査では、備え付けのトレイに出してチェックを受けましょう。預け荷物にするときは、事前に電源を切ってからスーツケースなどに入れてください。飛行機の中では機内モードに設定するか、電源を切っておく必要があります。とくにお子さま向け携帯電話は、電源を切らない限り電波を発し続けるので注意が必要です。

これらを踏まえて旅行に行けばもう怖いものなんて何もありませんね!!

関連記事

  1. その場で携帯契約もできちゃう所要時間はどれくらい?

  2. モバイルWi-Fiてなーに?

  3. iPhone強制終了・再起動の方法 機種別まとめ 注意点

  4. 飛行機でスマホをオフにしないとどうなるのか??

  5. 家具の長さを測りたい!!そんな時はこのアプリ!!

  6. iPhoneの豆知識 画面表示のダークモードて何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。