飛行機内でスマホを利用しちゃダメな理由

「離発着時には、機内での携帯電話等の電子機器の使用は禁止されております」といった内容のアナウンスが飛行機の中でいつも流れますよね。

いつも、きちんと指示に従ってはいますが、なぜだか皆さんご存知でしょうか?

ちょっと前までは「電子機器の電源をお切りになるかフライトモードにしてください」という内容と覚えている人はいるのではないでしょうか?それに最近は、WiFiが提供されている機材もあります。

なぜ以前は電波を使用する機器の使用が禁止されていたの?

上空3000メートルを飛ぶ飛行機であっても、携帯電話やタブレットは、その通信機能をオンにしておくと地上からの電波をキャッチしようとします。

そして飛行機は時速800キロを超えて飛びます。

次々と地上の複数の電波基地と交信することとなります。

そのため、飛行機を取り巻く電波状態がとても込み合って複雑なものになるので少し前までは電源を切らなければいけませんでした。

しかしながら、その状態になれば飛行機が墜落するということではなく、パイロットが注意すべき対象が多くなってしまうために、操縦、離着陸に対して集中しにくくなるという観点から危険であると判断されてきました。

それが、どのように変わったのでしょうか。

2014年9月から航空機内でのスマートフォンやタブレットの使用が緩和されています!

ということで調べてみた結果!

2014年に日本を含めた各国の法律が変わりました。

それまでは、機内でWiFiの使用もできず、またゲーム機など電子機器同士を接続して使用することができなかったのですが、それも可能になったんです。

でも、注意は必要ですよ。

  • ほとんどの航空機で、ブルートゥースや無線通信を使うことができます。(以前は禁止されていました。飛行機のタイプによっては、今でも禁止されています)
  • すべての航空機で機内モードにした携帯電話、電波を発しないデジタルカメラやDVDプレーヤーを使用することができます。(以前は上空飛行中のみ使用可能でした)
  • 全ての航空機で、ドアクローズからドアオープンまで、通話は禁止されています。
  • 機内で提供されるWiFiへの接続が可能に。(新しいサービスとして、機材によって提供されるようになりました)

飛行機のタイプによって異なる規則もあるので、機内のアナウンスに注意してくださいね。

航空機の安全性も進化しています。

なぜ、このような規制緩和が実現したかというと、航空機会社が安全性を進化させ、世界の航空安全機関が安全性の検証を進めてきた結果ということになります。

特に、新しい機材は電波に対する耐性が強化されてきているそうです。更に、機内からの通話が許可されている航空会社も現れています。

意外と知らない場所で飛行機の問題が緩和されていることに気づけたのは面白いことですね!!

関連記事

  1. 2.4Gと5Gの違いてなに? ~Wi-Fiの周波数帯域~

  2. 限界突破Wi-Fiのアダプターは付属してあるの?

  3. 限界突破Wi-Fi発売❗️その特徴は?

  4. ながら運転の規制がより厳しくなりました!!

  5. 海外出張や旅行の時て携帯電話はどうなるの?

  6. 災害時にも役立つ限界突破Wi-Fi

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。